FC2ブログ

Stage67

  • 2007/09/20(木) 23:38:19


【 完成を目指し 】

毎日レッスンを積んで
足の力、バネ、手応えを掴んで
ある程度のレベル以上に達したと
実感を持って 自分のバレエの最高峰に
届きそうだと思った時

同時にまだ足りない 後少しもうちょっと
頑張らないとと言う矛盾した感想が
浮かびあがりました

ここまでになったと思っても 
完璧の境地まで後一歩と言う時 
やはり一般のお稽古だけじゃ拭いきれない
弱い部分が浮上するんです

だから 私もお稽古場ばかりでなく 
お風呂上がり 寝る前に柔軟体操とストレッチ 
それから腹筋運動のようなトレーニングを
日々の生活に組み入れていました

同じようにお稽古して来てもやはり万人
それぞれの体質、強弱を併せ持っているので 
自分が足りないと思う箇所は自分で
トレーニングしていくのがベターだと思います。




【 極意 】


もっと大きくダイナミックにと指摘すると
ディベロッペの足先が グッと高くなったり
飛ぶ空間が高くなったり
次の一歩や 顔の向きが大きくなれば良いのですが

何だかドギマギとして 表現は変わらず
手のポジションだけが大きくなったり
指導の先生に見せるためか、前へ出てくるだけって
事がありました

小さくチマチマと踊るのを六畳一間の踊りなんて
呼ばれていたりしましたが

そもそも バレエは何メートル四方の空間で
踊ると言う規定はありません

現実問題、小さなスタジオでレッスンしなければ
ならない事情のある場合も多々ありますが
平行感覚や伸びる縦の延長線は場所によって 
面積や角度を変えるものではありません

子供の頃に 解りやすい説明のために、
良く糸釣り人形のように 上から首のラインを
引っ張られているように立ちなさい、踊りなさいと
言われた方もきっと多いんじゃないでしょうか?

それならその糸はどこから引っ張られているんでしょう
頭上1メートル?3メートル?

多分天井を通り越しておひさまの所からと言う
説明が続いた方が良かったのかもしれません

それから多分骨盤と肩甲骨を通過する永遠に
続く横の平行線が地球を回っているとか(^-^)

一番から五番の足のポジションがいつも同じなように
そこから上がった足の向きも同じだし
どんな動きでもやはり手のポジションも同じで 
大きく踊っても肘や指の位置、膝の向きや足首も
変わらないと

何年もお稽古して 基本が身についたと思える子でも
ほんの一言で全てを崩してしまう事があります

また、位置を向きを、又はポジションをと改めて
言うと今度はガチガチに固めてタンジュ一つ
物凄い力で出したりする場合が往々にしてあります

バレエはしかし力が余分に入れば高度なテクニックの
踊りは出来ません

あくまでも 縦に貫かれた糸釣り人形の軸と交差する
肩甲骨と骨盤の横の平行線 
これを守りさえすれば 美しく立てて様々な動きが
容易くなります

基本を咀嚼しながら完全に身につけて 
おひさまに或いはお月さまに向かって立ち、
宇宙にもオープンに狭いスタジオも何のその!
永遠に続くラインに忠実に踊りましょう



スポンサーサイト